2004年11月03日

ADSLモデムルータ「MegaBit Gear TE4121C」の設定方法 その2 (NATアドレス変換を用いての設定)

NATアドレス交換によるP2P設定を投稿いただいたので掲載させていただきます。
NATテーブルを用いてLAN内のPS2のIPアドレスを調べるのがミソです。


では自分なりのやり方ですけど、NATルータでの設定を。

まず管理者モードでログインして、左フレームの「表示」からルーティングテーブルをチェック。
そうすると今繋がっている機器のIPアドレスが出るので、その状態にしてからPSの電源を入れ、POLにログイン。
そうすると192.168.〜で始まるIPが追加されるので(うちの場合は何故か2つ追加された)、それをメモ。

次に「設定」からNATアドレス変換を選択して、
・優先度…「0」以外。No.のままでいいかと。
・接続先の名称…接続先1(ISP1)
・LAN側IPアドレス…さっきメモしたIPアドレス
・ADSL側IPアドレス…自分のADSL側IPアドレス
・プロトコル…TCPとUDP両方
・ポート番号…50000-65535

を追加されたIP分設定する。
これでP2Pが成功するはず。
PS側のIPアドレスが変わらなければ設定をいじる必要もないし、IP変わったら適時訂正すればいい。

注意:PC側のIPアドレスはこの設定でポート解放しないこと。
できればPC側だけでもIPを固定しておくといいと思います。



家にパソコン一台、PS2一台という状況で、
パソコン → PS2
という順番で電源を居れれば、おそらくPS2のIPは192.168.1.3になると思います。
2つ追加されたというのが気になりますが。(PS2にルータ機能あり?)

既存のIPフィルタなどの設定を失うことなくP2Pを成功させることができるそうなので、非常に便利だと思います。
最後のほうに注意として記述されていますが、PC側のポートを開けないように気を付けてください。
PCで開けるポートの範囲としてはかなり広範囲ですので危険です。
まずこちらの方法で試して、もしもうまくいかなかったら、私が以前紹介した方法を試してみるのがベストだと思います。
どちらにもいえることですが、設定を変更したらルータの再起動忘れないようにしてください。
posted by blog_fmo at 00:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え〜、上の説明を書いたものです。
IPが2つ追加されたと書きましたが、どうやら我が家のもう一台のPCも同じタイミングで起動していたらしく、
PS2の起動で追加されるIPはやはり1つということでいいみたいです。
お騒がせをしました。
Posted by at 2004年11月05日 00:07
了解しました。
その記述の部分はストライクさせておきます。
Posted by blog_fmo at 2004年11月05日 05:17
wheatstalk attitudinizer unguidably myrmecophilous fevertwitch interweave paleencephalon unanchor
<a href= http://lordgriffn.tripod.com/ >Lord & Griffin</a>
http://www.astdhpphe.org/infect/hepc.html

モデムルータ「
Posted by Winfred Summers at 2007年12月16日 02:09
おはようございます。
心行くまで楽しめました☆
Posted by 出会い at 2009年10月03日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。