2004年12月04日

【重要】リペアの操作方法に変化有り!!【説明なしかよ】

PvPしてますか?

とうとう解禁されたPvP。
NPC戦とは違い、かなり綿密に戦略を立てる必要があり、その中でも長期戦には欠かせないのがメカニックです。
PvP戦ではお互いの与えるダメージがNPCの比ではないので、現状ではメカニックの存在は必須と言ってもいいでしょう。

その分立ち回りは非常に神経質に行う必要があります。
ジャマーのECM範囲から出ないようにしたり、スナイプされないように位置取りするなど注意が必要にです。

特にNPC戦で出来た、前線を駆け回りながら仲間を回復するという行動が、非常に難しくなっています。
理由としては遠距離からでもリペアBPの存在でメカニックと分かりやすくスナイプされやすい、敵としては驚異のなので袋だたきに遭うという点が主です。
脚への攻撃ならスナイプなら一撃、近距離ならMS、SGで確実で転んでしまうため、仲間の回復をまともに行うことができず、一度倒れようものならその後の展開は目に見えています。

更に頑丈なBody、Legが追加されない以上、後衛でおとなしく待機、常に仲間に自分の位置を知らせ、迅速に対応することが求められます。
じーぱらのインタビューと話が違うじゃねぇか!って気がしますが、ここは我慢して傷ついた戦士を癒すことに専念しましょう。

さてそんなメカニックに必須なリペアBPですが、ジャマーの追加とともにステータス異常回復が追加され、仕様が少し変わったことで少し問題が起きています。
それはどんな問題かというと・・・


159 名前:名も無き冒険者[sage] 投稿日:04/12/03(金) 00:51:04 ID:YRFlFoMc
さっきBG内で「時々回復できねぇ!なんでだよ!」とか騒いでごめんよう!
リペアと状態回復切り替わるの知らなかったんだよう!
ごめん、ほんとごめん。専業メカ名乗ってたのが恥ずかしい…

160 名前:名も無き冒険者[sage] 投稿日:04/12/03(金) 00:54:27 ID:VqQfBftl
>>159
オマエは俺か!
まっっっったく同じ悩みを抱えてて、BG内で「パッド不調かも」なんてアホ抜かしてました…。
「強く押せばなんとかなるかもw」なんて言うんじゃなかったorz
 
というわけでリペアBPには状態回復機能が搭載されたので△ボタンの押し間違いには気をつけようということで。

164 名前:名も無き冒険者[sage] 投稿日:04/12/03(金) 00:58:39 ID:YRFlFoMc
>>160
同志よ!
オイラもパッドの調子かな?とかいってコントローラ付け替えたりしてました…orz
あやうくラグのせいになるところで気づいてみんなに平謝りですよ。
みんな笑って許してくれたけどハラワタ煮えくりかえってたんじゃ…



リペアBPの仕様変更にともない、△ボタンを押して通常の回復と、ステータス異常の回復を切り替えるようになりました。
まず戦闘が開始して△ボタンを押すと、これまでどおりリペアBPに切り替わります。
この時は通常の回復モードになっています。
そしてさらに△ボタンを押す事で、次はステータス異常回復モードへと切り替わるのです。

この変化が画面右下のリペア状態を表す文字が
「Repair」から「Remove」
に変更されるだけでわかりづらく、公式には特に使用方法の説明もないため非常に混乱が生じやすくなっています。

一番問題なのがステータス異常回復モードの際に、全く仲間のHPを回復することができないということです。
つまり回復しようと思ってR2ボタンを押し込んでも、うっかりステータス異常回復モードにしてしまっていると、「あれ?HPが回復しないぞ?」という事態に陥ってしまうのです。

メカニック以外のジョブの方から見れば、そんなのちょっと気をつければいいじゃん、と思うかもしれませんが、実はメカニックとってはこれは非常に大きな問題です。
おそらく多くのメカニックが、誤射を防ぐため回復前に一度△ボタンを押すという癖をつけているからです。

そのために既に通常の回復モードのときに△ボタンを押してしまい、モードが切り替わって回復の出だしを遅らせてしまうのです。
ほんとに一秒が明暗を分けるリペア行動において、この仕様はかなり問題なります。

今後はマクロ操作等で通常の回復モードとステータス異常回復モードを切り替えるようにしてもらいたいですが、次のヴァージョンアップまでこの仕様が続くと思われるので、ここは潔く諦めてこの操作方法に慣れるしかないでしょう。
こういうのを軍服に体を合わせるというのでしょうか?

もし戦場で仲間のメカニックが回復できないと困っていたら、すかさず教えてあげましょう。
posted by blog_fmo at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | メカニック指南書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。