2005年01月14日

フェイズ2スタート!!

現在ストップ!!ってな具合ですが、どうだったでしょうかフェイズ2初日は?
色々変更されてますが、とりあえずメカニック関連だけでも紹介。

まず大きい変更が3つ。

1.回復中に音が鳴るようになりました。
回復側も被回復側もこの音は聞こえるようです。
ちょうど回復するタイミングに合わせて「ピコッ」と音が鳴ります。
これで地味だった私の回復が気づいてもらえるかも!!なんて期待したいところですが、乱戦状態だと爆発音とか発射音でやっぱり気づきづらいですね。

しかしこのピコピコアラーム、本当の真価を発揮するのは通信状態が不安定なときです。
これまでは回復対象との通信が不安定な場合、リペアを行っても相手HPゲージが動かず、あれれちゃんと回復してるのかな?ってな具合で、たった100回復するためにリペアゲージ一本丸々使ってしまった経験がおありだったでしょう?
それをピコピコ音によってある程度対応できます。

通信が不安定な場合、今までどおり相手のHPゲージは動かないのですが、音はちゃんとピコッと鳴ります。
なのでその音を頼りに、回復したいパーツへの変更のタイミングを決めることができるのです。
ですからメカニックはある程度一回のピコ音で、どれぐらいのHPが回復できるのか感覚で掴んでおく必要があります。
「ちょっとだけ回復だから、右腕はピコ音一回分で十分だな。残りはボディに」
という感じ使っていくことになると思います。

ちなみに各パーツのHPが満タンになった瞬間、「ジャギン!」と音がします。
これは被回復者にしか聞こえないようです。


2.Repair・Removeモードが状況に応じて自動的に切り替わるようになりました
リペアBPを使用した際に不必要なモードであった場合、自動的にもう一方のモードに切り替えてくれるようになりました。

簡単に説明しますと、

a.Repairモードで使用した時、全てのHPが満タンのときはRemoveモードでステータス異常を回復しようとする。

b.Removeモードで使用した時、何もステータス異常がないときはRepairモードでHPを回復しようとする。

HPが満タン、かつステータス異常がない場合はモードの変更は行われません。
これにより、うっかりRemoveモードにしてしまって回復が遅れてしまった!という事態が防げます。
誤射を防ぐための「△ボタン連打してからリペア」も一応復活です。
でもRemoveモードってあんまり使わないので、L1+△でRemoveモードに変更でもよかったんですがね。


3.回復要請の可能範囲が150mに広がりました
まあ単純に距離が伸びたということで。
便利なったわけですが、逆に誤爆回復要請をしやすくなったわけでもあるので、メカニックの方は「今の回復要請間違いです!!」なんてマクロを準備するといいと思います。


あとは回復したパーツのHPゲージが緑色に縁取られるとか(2機がかりでリペアするとき便利)、小隊生存ボーナスがついたとか(ボーナス体感できず)、パーツ・武器のスペックがかなり変更になってメカニックのセットアップの自由度が更に狭くなったとか(メカニックに限った話じゃないですが)、細かい変更は多々あります。
まだLv2ですが、おそらく、というかやっぱり、メカニックがマゾいのは変わりなさそうです。
posted by blog_fmo at 02:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。