2004年11月27日

ジーパラFMO特集第2回目UP!!

延長初日はついつい5時までプレイしてしまいました。
0時〜1時あたりからテンションが上昇。
やっぱりネトゲは深夜なのだなと思いました。


527 名前:名も無き冒険者[sage] 投稿日:04/11/27(土) 04:10:55 ID:yMs8qhTl
http://www.gpara.net/resource/news/20041126/506.php
出てましたね。既出?



というわけでジーパラでのFMO特集第2回目が公開されました。
今回は戦闘について語られており、その中でミサイラーがジェットBPで市街地のビルに登ることが、よく気づいたなとコメントされてます。
当時の雰囲気だと割と当たり前だった気が。
でも低い建造物にしか上がれないので、結局ロックしづらく、今はあまりみない気がします。

さてメカニックに関しても結構触れています。
後方待機型のメカニックにやきもきしたのか、「常に後ろで控えている回復役ではないということが判るはずです」と断言されちゃいました。
堅ぇんだから前でろよ!ってことらしいです。

例えとして
開発として「メカニック」の目指しているのは、回復するだけの役にではなく、「前線で戦える救護兵」のような存在です。体を張って敵を止めながら回復する・・・ファンタジー世界で言えば『D&D』に出てくるような鎧をガッチリ着込んで、仲間を守りつつ、回復する存在ですかね。
なぜそこでFF11のナイトと言わない!!
ただPvPになると色々変わってくるともコメントしてます。

偶然にもPvP演習グループに参加できたので、それを例に説明しますと、BP使用が禁止だったのでリペアBPを外して、パーツはLv8のメカニックBody、Leg、ミサイラーArms、武器はセメタリー2B、Lv10SGで出撃しました。

ノロノロマシンですが何戦かやって撃破されたのは一度だけ。
アサルト的な戦いをしたのは初めてだったのでかなり緊張しましたが、装甲の分厚さのおかげでしぶとく戦うことができました。
ただ回線の都合もあって、まともに戦えなかった人もいたそうです。

とりあえずPvP演習をやった感想としては、けっこうメカニックは前線に居ても大丈夫そうだなぁと思ったことです。
ただリペア時は被リペア者ともに立ち止まる必要があるので、そのあたりがまだ謎です。

ちなみ攻撃に関してですが、ご存じのとおりアサルト腕じゃないとまともに弾が飛ばないので、確実に当たるなら距離100以下でMGだと思います。
SGはすれ違いざまに当てたりと工夫が必要でした。
PvP演習はおもしろいので暇があれば是非。
posted by blog_fmo at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | メカニック指南書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。